家具に使われる天然木の種類 | マメ知識 | eインテリア

天然木:主な木材の種類

タモ(アッシュ)

タモ(アッシュ)
タモとは、モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹で、北海道や本州北部、中国・シベリアなどに分布している大木です。年輪がはっきりとして木目が美しく、中心部は褐色、周辺は淡黄白色で、硬くて丈夫な良質の木材です。英語では、アッシュといわれています。

ブナ(ビーチ)

ブナ(ビーチ)
ブナは、落葉広葉樹で国内では北海道南部から本州・四国・九州まで広く分布しています。材木としては、硬くかつ弾力性に優れた木材です。加工性が良いので、曲げ木などにも加工されます。

オーク

アメリカ産の広葉樹で広く建築や家具にも用いられている木材です。白色のホワイトオーク white oak、赤褐色のレッドオーク red oakがあります。
ホワイトオークはウイスキーや葡萄酒の樽材としても利用されることでご存じの方も多いかと思います。木目は直線的で耐久性が強く内装材にも用いられます。
レッドオークは多少木理が粗いですが、加工しやすく、国産材のナラ材に近いとされています。

カバ(バーチ)

カバノキ科シラカンバ属の落葉広葉樹で、本州中部以北に分布する高木です。木材としては、中心部は淡い紅褐色で、周辺は淡い紅白色。年輪は目立たない、硬く、均質、緻密な素材感があります。ベニヤにも用いられるものもあり、高級です。

クルミ(ウォールナット)

クルミを知らない方は無いと思います。漢字では「胡桃」。ウォールナット(walnut)というのはおもに北米産のクルミ科落葉広葉樹で日本国内では鬼胡桃(オニグルミ)。高級家具材としても用いられ、材質は強靱で粘りがありながら、比較的軽いという特徴があります。紫がかった褐色、チョコレート色で、木理は不規則で、この風合いが好まれます。オイルを拭き込むとよい艶が得られるとのことです。【たまたま、滋賀の山歩きの時に撮ったオニグルミの実の写真も掲載させて頂きました】

ウォールナット

紫檀(ローズウッド)

ローズウッド
ローズウッド(Rosewood)とは、紫檀(シタン)のことです。熱帯から亜熱帯に分布するマメ科の広葉樹です。その木質は緻密で、磨くと美しい光沢がでて、重く硬い材質が特長です。色は、赤紫褐色から紫色をした暗褐色で黒紫色の縞模様が美しいとされています。高級家具や細工物に用いられます。

桐(きり)

桐
伝統的な素材「桐」は成長速度が速く、幹の高さは10mにも達します。木材の中でもかなり軽く、色白で美しいもののひとつです。さらに、湿度の通過性や熱伝導率がきわめて小さい特性をもっていますので、日本の風土に適した天然素材です。昔から、無垢の無塗装でも利用されてきた家具素材の代表です。

ラバーウッド

ラバーウッドはゴムを採取するゴムの木を木材として利用しているもので、薄い灰色から黄色で、比較的軽く柔らかい材質です。各種の家具に集成材や合板にも利用されています。

【お断り】本ページの説明はあくまでも一般的な事項を紹介しているもので、実売商品の素材や性能について説明するものではありません。個別商品の仕様については別途ご確認もしくはお問い合せ下さい。

木田商事株式会社 大阪市中央区 (TEL) 06-6264-5658 | 会社概要
Copyright 1999-2016 Kida Co.,Ltd. All rights reserved.