ユニット家具 アルボシェルフ 組立体験記2

さらに機能的に、そして美しく。オフィス家具 ホーム/リビングでも。

多種多様な組合せで、自由な空間つくり。
システムラック 5連システムラック テレビラック/ミニ(TV台) ワイドシステムラック(AVシアター) テレビ3段ラック 3段システムラック サイドボード&ラック サイドボード キャスター付ミニテーブル キャスター付サイドテーブル システムシェルフ パソコンデスク&ラック オフィスラック&デスク・セット オフィース・システムラック パソコンラック デスク・セット パソコンラック など。

自由に組み立て、棚板1枚でも、追加していけばよい。

alboshelf全商品送料無料
(ただし、1回のお買上げ金額が5000円以下の場合は一律500円。
お届け先が北海道、沖縄の場合は一律
1,000円)


アルボブライト


アルボシェルフ 組立て体験記(2)

もっと知りたい! ダブル支柱、パソコンデスク、ボックス開き戸、ボックス引き戸

アルボシェルフ組み立て体験記を読まれたお客様から寄せられたのは、ダブル支柱、パソコンデスク、ボックス開き戸、ボックス引き戸、などをもっと知りたいという様々なお問合せでした。

アルボシェルフのお客様からのご注文では、予想以上に大型構成のラックシステムが多かったことです。

アルボシェルフ組み立て体験記だけでは単純すぎる。いろんなオプションパーツについてより詳しい説明や写真も見たい。というご要望がたくさんございました。そこで今回は、次のオプションパーツについてより詳細にご紹介いたします。

→ ダブル支柱
→ アジャスター
→ 落下防止材
→ ボックス開き戸
→ ボックス引出し
→ パソコンデスク
→ クロスバー

⇒  『アルボシェルフ 組立て体験記』第3編

ダブル支柱と組み立て

ダブル支柱
ダブルの支柱も、同一サイズが2本入りの梱包です。ダブル支柱とは、棚板を左右方向に接続できる形状のものです。5cm間隔で棚板の取り付け位置を変えられるように、ボルト穴が空けられているのは、シングルと同じです。

 

棚板の取り付け
ダブル支柱への棚板の取り付けの基本的にはシングルと同様です。下の写真は支柱の右側に棚板を取り付けているところです。

もう一方の、左側に棚板を取り付けています。

 

左右に棚板を取り付け終わってから正面から見るたところです。

アルミ支柱ダブルに取り付けた
最上段の位置に棚板を取り付けたら、下のようになります。

 

ダブル支柱用キャップ
ダブル支柱用のキャップとシングル用とを間違えないように注文してくださいネ。

ダブル支柱に棚板取り付け完成
ダブル支柱用のキャップを取り付けて完成です。

   

アジャスター

アジャスターは高さ調節!
アジャスターは脚部に取り付けるもので、高さの調整ができようにねじ式になっています。


 

受け座が必要
アジャスターを取り付けるためには、受け座が必要です。受け座には、シングル支柱用とダブル支柱用がありますので、注意しましょう。

   

落下防止材

落下防止材
落下防止材は 棚板から落ちるのを防ぐためのアルミ材です。下の写真は45cmの長さのものです。この写真だけではなんだかよくわからないかもしれませんが、両端に切れ込みがあります。

 

落下防止材の取り付け
落下防止材を取り付けるには、支柱にマルチ取付金具を用います。
下の写真は「マルチ取付金具シングル」を取り付けたところです。

「マルチ取付金具シングル」を取り付けたところに落下防止材の端の切れ込みを上から引っ掛けるようにします。ねじ止めはないので簡単にとりはずせます。

 

完成イメージです。

ボックス開き戸

ボックス開き戸を開梱
ボックス開き戸や引き出しは完成品として納品されます。つまり、アルミ支柱に取り付けるだけの状態で提供されます。ひとつのボックスだけでも、かなり重量があります。梱包は、八方の角に緩衝材が入れてあります。注意深く、ダンボール箱から取り出しましょう。

 

取り出したところを写真に撮りましたが、実はこの写真は上下が逆さまです。つまり、ボックスの裏面を見ていただいてることになります。

天地をひっくり返すと、正しい開き戸の向きになります。この例は、片側開きですので、右側が開く形となります。

 

内側の上部にマグネット式の止め具があり、閉じるとマグネットでカチッととまります。軽く押してはなすと開く、バネ式の止め具です。

ボックス引出し

ボックス引出し
ボックス引き出しも完成したパーツとして納入されます。あとはアルミ支柱に取り付けるだけの状態で提供されます。梱包もボックス開き戸とほぼ同じです。

 

引き出し部分は、ボックス本体に取り付けられている鉄製のレールを転がせる仕組みで前後に動きますので、とても軽く引き出せます。
そして、引出しそのものを引き抜くことができます。下の写真は引き抜いた引き出しです。

引き出しには、別売のハンドルを取り付けて使用します。下の写真ではハンドルをつけていません。ハンドルには、「ストレートハンドル」、「アーチハンドル」の2種類があり、ご注文いただくことができます。

 

パソコンデスク

パソコンデスクを開梱
パソコンデスクも完成品として納品されます。つまり、アルミ支柱に取り付けるだけの状態で提供されます。おなじく、梱包は、八方の角と両サイドに緩衝材が入れてあります。注意深く、ダンボール箱から取り出しましょう。

 

 

パソコンデスクは、天板の下に可動式のキーボード用の棚板が組み込まれています。スライド式なのでとても軽く動きますので、組み立て時には注意してくださいネ。この写真の商品は、奥行450mmのタイプのものです。

パソコンデスクを裏側から見た、キーボード用の可動スライド式レールです。

   

クロスバー

クロスバーって?
クロスバーとは、支柱の強度を増すために使用するX形をした付属材です。
素材は、アルミ製で支柱に両端を取り付けます。

下の写真を見ていただいたらわかるように、2本のアルミ製バーを真ん中でクロスするように止めてあります。この支点を中心にして、開けます。
小さな4つの付属品はスペーサといいます。小さいのでなくさないようにしてくださいね。

 

クロスバーをアルミ支柱に取り付けたところを、外側から写した写真です。

クロスバーをアルミ支柱に取り付けるには、マルチ取付金具を必要とします。下の写真は「マルチ取付金具シングル」取り付け、その後クロスバーを取り付けたのを内側から撮影したところです。スペーサはマルチ取付金具とクロスバーの間に空間を作るものです。

   

【文責】木田商事株式会社 eインテリア担当

| トップ | 買い物カゴ | ログイン | お客様登録 | ご注文/支払方法 | 営業案内 | FAXで注文 | プレゼント |

Copyright 1999-2005 Kida Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by Kida Net Business Co.,Ltd.